新着情報

2019/03/20:第11回 MIE布ナプキンアドバイザー養成講座 募集開始!!

MIE認定布ナプキンアドバイザー養成講座開講
メイド・イン・アースについて

メイド・イン・アースとは

メイド・イン・アースは、純オーガニックコットンの専門のブランドとして、1995年に誕生いたしました。
運営する「株式会社チーム・オースリー」が、広告企画制作の仕事をしていた25年ほど前に、オーガニックコットンの存在を、赤ちゃん市場研究所で知ったことがきっかけで、スタッフみんなが、オーガニックコットンの魅力に急速に惹かれてゆき、ブランドを立ち上げるほどになりました。

一般的なコットンには、大量の農薬や化学肥料、落葉剤が使われていること、同じように畑で栽培されている野菜とも違って、糸や生地、製品にする際にも、様々な化学工程があることに強く衝撃を受け、栽培・糸・生地・最終製品の加工まで、オーガニックコットンとして、化学処理をしないものづくりの大切さをブランドをつくりメーカーとなってとても感じました。
天然そのままのコットンのやわらかな風合いの良さ、化学薬剤に頼らないことで守られる力強さは、私たちのカラダを心地よく癒してくれます。そんな植物のもつ天然の安心感を、多くの方々にあじわっていただけたらと願っています。

メイド・イン・アースの“純”オーガニックコットンへの思い

メイド・イン・アースの純オーガニックコットン製品は、コットンの持つそのままの風合いで私たちを優しく包み、大地の栄養をそのまま吸収し育ってきた綿のエネルギーで、私達の暮らしに天然ふわふわな心地よいギフトを与えてくれます。
素材、縫い糸、タグ、エネルギーもオーガニックにこだわり、シンプルな中の自然なコットンのそのままの色「きなり・茶・グリーン」は、化学染色に慣れてしまった私たちの視界を、天然自然の世界へと大きくいざなってくれます。

いろいろな素材やいろいろな色、いろいろな情報の中に存在する現代の私たちが、ほっと落ち着けて、もともと持っている本能や五感をナチュラルに呼び戻してくれる製品として、“純”を大切にしたメイド・イン・アースのオーガニックコットン製品を、多くの方々にお届けしてゆきたいと思っています。